実に半年振りの制作関連のエントリであることに愕然。

現在もコンテとモデリングあたりをやってます。

とりあえず今の仕事が落ち着くまでペースアップは無理そうですが、来月あたりで何らかのアナウンスができるといいかなと思います。

前のエントリからだいぶ間が空いてしまいましたが、8月って。

さて、表題のSeagateのアレといえば今年はじめに大騒ぎになったHDDのファーム不良のアレ。

うちにも該当機種があって、やばいなあと思いつつ忘れていたら、ついに今月アクセス不能になりデータが読めない状態になってしまいました。

大方バックアップはとってあったんですが、最近のデータだけ抜けていて困ったなあということで、復旧作業を試みました。

ありがたいことにSeagate製HDD 解析まとめで復旧法の情報がまとまってましたので利用させてもらいました。

まずT6サイズのトルクスドライバを東急ハンズで、USBシリアル変換モジュールを秋月、クリップを千石で調達。

あとは手持ちの道具で何年かぶりに半田付けしたりして写真のような感じで準備完了。

変換モジュールのGNDを繋ぎ忘れて接続にちょっと手間取りましたが無事復旧でき、さくっとバックアップとったりしてファームの更新などをしておきました。

さすがに一回不都合が出たものをメインに戻すのは不安なので、外付けケースに入れて今はバックアップ用に使ってます。

今年の春にDCAJの支援で制作したまよなかのいちごのブラッシュアップ版ですが、Youtubeとかで公開です。

今回はSE・MA・声優に本職の方に入ってもらったバージョンになります。映像は私の方で一部手直ししています。

こちらでも見れますhttp://www.dcaj.org/followup2008/index.html

ニコニコ動画はこちらhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm7223930

?

相変わらず少しずつ進めてて、キャラクタのモデリングをしてます。

ようやくプロポーションとかイメージに近いものになってきたので、しばらく寝かしていたシナリオとか、そろそろ手を入れなおそうかと思ってます。

前作は当初手描きのセルで何とか行ってみようと最初の試行錯誤とかあって回り道ありましたが、今回は最初からキャラは3Dでという事で、結構手を入れてます。いろいろ意見を頂いたのでそれを踏まえつつ。

まずは一体きっちり作っておいて、プロポーションの変更で各キャラに対応させて行こうと思ってます。もちろん服とかは別途新規に作らないといけませんが。

タイトルとかも早めに決めちゃいたいなと思うのですが、シナリオ・コンテ上がるまで決まらないかな、まあ内部名というかはあるんですが。いつまでもエントリのタイトルが「制作準備」ってのもな。プリプロとはいえ実質制作始めてるようなものだし。

しばらく間が空いてしまいましたが、新年度ですね。
制作の方はしばらくキャラクターを作ってました。まよなかよりは精度の高いものにできそうですが、登場人物が増えるので作業量も増えてます。

コンテやシナリオもまだ迷い中で、徐々に詰めていこうかといったところ。
なのでタイトルもなかなか決まらず、仮で今のところつけてます。
作業自体は今のところコンスタンスに進めているので、来年の春ころには完成してると良いなと、未来の自分に言っておきます、よろしく。
順調に予定通り進んだと仮定して、夏ころには予告編めいたものが出せると良いなと思っています。

そういえばここのサイト、10年目に突入です。サイトを始めてからまる9年。
まあ、相変わらずです。

前回エントリでお知らせしたとおり、まよなかのいちごが東京国際アニメフェアで上映展示されます。

ので、詳細を。

上映展示はデジタルコンテンツ協会のブース(E26)で絵の手直しと音を作り直したバージョンになります。
今回ブラッシュアップ版制作にあたり、経済産業省とデジタルコンテンツ協会の支援を受けています。

MA・アフレコは先週やってきたんですが、良い仕上がりになったと思います。どんな感じになったかはアニメフェアでご覧ください。

東京国際アニメフェア
会期:3月18日~21日(パブリックデーは20・21日)
入場料:当日 / 大人:1,000円 中高生:500円
前売 / 大人: 800円 中高生:400円
※小学生以下、65歳以上および障害のある方と介助の方は無料。

もう3月。2月の日数とか何とかならないものか。

さて3月は中ごろ、お台場ビックサイトでやる東京国際アニメフェアの某ブースでまよなかのいちごがながれますー。
絵は少しだけ直して、あと音を作り直したバージョンになります。
詳細は近くなったら書きます。

サカナヤさんところにあったXSIのスクリーンショット、UIカスタマイズされてて使いやすそうだなー、という事でうちでも弄ってみました(真似させてもらいました)。

XSIのUIは全てXMLファイルで設定されていて、コレをテキストエディタでごにょごにょやるとOKらしく。

表示→レイアウト→新規レイアウト作成の参照元

でユーザーレイアウトを作成、このときレイアウト名の記入ウインドウが出るので適当な名前を入力。

このときたとえば”layout”と入力すると

C:usersユーザー名SoftimageXSI_6.02(バージョン名)Applicationlayouts

にlayout.xsilyというファイルができるので、これを編集してカスタマイズするとOK。

今回はタグを切り張りして挙動を見つつやってみたけど、どこかにタグとプロパティーの一覧表とかあるのだろうか。

コンテ作業に入りました。まあシナリオと行ったり来たりで調整したり。
しばらく文字追ってたから、絵コンテモードに脳を切り替えないとな。

今回は新兵器の導入、というほどでもないですが、コンテ尺の計算が面倒なので
エクセルで計算表を作りました。↓(ご自由にお使いください)
http://www.stylescape.jp/download/calc_ctime_continuity.xls
(Google Docsでも動きました)

用紙ごとに6コマ(枠)まで対応、ストップウォッチの100/1表示の秒数をそのまま入れると、24コマ換算で用紙毎と全体尺を勝手に計算してくれます。
肝は変更があってもわりと対応しやすい点。カットに対して、ではなくて、各用紙のコマ分の欄があるので、コンテ用紙の記入位置と同じところにカット尺を入れることで同期が取れます。
左の大きい数字が用紙番号、その次の1~6が用紙のコマになってます。ちなみに6コマ分あるのはうちの仕様に合わせたからで、一般的には5コマとかなのかな。そのときは6コマ目は使わないコマになります。

まあ、使うのはちょっと先になりそうだけど。

http://slashdot.jp/article.pl?sid=09/02/09/065213

例によってスラッシュドットから。

ソースは日経のよう。

プリント倶楽部(プリクラ)の開発メーカーとして有名なアトラスが、業務用ゲーム機からの撤退を発表した

まあ、今は携帯とかあるし、他社参入も多そうだし。

昔アイルランド(ダブリン)に行った時にプリクラ(おそらく海外製)を見つけたときには驚きました。こ、こんなところにもあるのか。

まあ私自身はあまり使ったことないですが~、当時女子たちがプリクラ帳を広げているのを見て、コレ全部でいくらかかってんだろうとか、考えたりしたものでした。