ちょっと前にCS4 Production Premiumを導入しました。
今回は紙マニュアルがなくなって電子マニュアル(オンライン)になってパッケージもコンパクトになってます(ちょっとさびしい)。

各所で言われてるとおり、Photoshop CS4はもっさりと重いです。UI描画などにGPU能力がかなり要求されるようで(OFFにもできますが)できればハイエンドのグラボを積みたいところ。ウインドウの描画などもところどころ不安定な場面もあります。
またカンバスの回転機能などはOpenGL必須のようで、切ると使用できません。
指摘されるように、ブラシも重く、CS2で使っていたカスタムブラシのいくつかが実用には厳しいほど重くなってしまいました。これはデュアルブラシの設定を切ることで大分改善し、何とか使えるレベルになりました。
ただブラシエンジンが変わっているらしく、筆圧の入りと抜きがかなり綺麗に出るようになっています。これはかなりうれしい。
描き心地でいうと、ヌルっ、って感じです。しっとりというか…。

まだ使い込んではいないものの、ブラシの改善という点では買いで、オペレーションのスピードを重視するならば待ちかと思います。

どちらにせよ必要システム構成は最低ラインで、CS2の倍ほど重いという印象を持ちました。

他にはデュアルコアに対応したのでAEとかのレンダリングが早くなり、うちはCPUがC2Dですがコンスタンスにほぼ100%使い切りで、倍ほど早くなってます。

Comments are closed.

-->